КОСМОГРАД

鳥嶋真也のWebサイトです


「マイナビニュース」カテゴリーの記事一覧

2023年3月24日・マイナビニュース

これが月の最先端ファッション! NASAが有人月探査のための新型宇宙服を発表

 米国航空宇宙局(NASA)と民間企業アクシアム・スペースは2023年3月15日、有人月探査計画「アルテミス」で宇宙飛行士が着る、新型宇宙服「AxEMU」を公開した。

 アポロ計画で使用された宇宙服と比べ、柔軟性や保護性能などが向上。月の南極で長い期間探査活動をするために必要な性能を兼ね備えている。早ければ2025年にも、この宇宙服を来た宇宙飛行士が月に降り立つことになる。

マイナビニュースで続きを読む


2023年3月20日・マイナビニュース

欧州「ヴェガC」ロケット打ち上げ失敗、原因が明らかに – ノズル部品に欠陥

 欧州宇宙機関(ESA)などは2023年3月3日、昨年12月に発生した、小型固体ロケット「ヴェガC」の打ち上げ失敗について、原因の調査結果を発表した。

 問題が起きたのは第2段モーターのノズルにあるスロート・インサートという部品で、材料の品質に問題があり破損したとしている。また、もともとの要求仕様も間違っていたという。

 この部品はウクライナ製で、今後は欧州製に切り替えることで対応するとしている。一方、ウクライナ側は「結論を出すのまだ早く、我が国の宇宙産業の評判に悪影響が及ぶ」と非難する声明を出すなど、混乱も起こっている。

マイナビニュースで続きを読む


2023年3月17日・マイナビニュース

スペースX、スターリンクの新型衛星「V2ミニ」を打ち上げ – その性能とは?

 米宇宙企業スペースXは2023年2月28日、衛星インターネット・サービス「スターリンク」を構成する衛星の新型機「スターリンクV2ミニ」の打ち上げに成功した。

 従来の衛星より性能が向上し、ユーザーにより高速、高信頼の通信サービスを提供できるとしている。また、宇宙ごみ(スペース・デブリ)や天体観測への悪影響といった問題への対策も強化しているという。

マイナビニュースで続きを読む


2023年3月10日・マイナビニュース

まるで錬金術! ブルー・オリジンが月のレゴリスから太陽電池を造り出すことに成功

 米宇宙企業ブルー・オリジンは2023年2月10日、月のレゴリスを模した砂から、太陽電池や送電線を造り出す技術の実証に成功したと発表した。

 同社ではこの技術により、地球から材料を持ち込まなくても、月面のどこにでもある物質を使って電力システムを現地生産することができることから、有人月探査や将来の月面基地建設などに役立つとしている。

マイナビニュースで続きを読む


2023年3月10日・マイナビニュース

インドの新型ロケット「SSLV」打ち上げ成功、小型衛星打ち上げ市場に新星

「今日私たちは、小型衛星打ち上げの商業化のための新しいロケットを手に入れたのです」――。

 インド宇宙研究機関(ISRO)は2023年2月10日、新型ロケット「SSLV」の打ち上げに成功した。SSLVの打ち上げは2機目で、昨年の初打ち上げは失敗しており、これが初めての成功となった。

 SSLVは約500kgまでの小型・超小型衛星を打ち上げることを目的としたロケットで、製造や打ち上げ運用、販売体制などの効率化により低コストかつ高頻度の打ち上げを目指し、近年需要が高まっている小型衛星の打ち上げ市場でのシェア獲得を狙う。

マイナビニュースで続きを読む


2023年3月4日・マイナビニュース

ロシアの宇宙船を相次いで襲った冷却剤の漏洩事件、前代未聞のその真相とは?

 かの名探偵シャーロック・ホームズは、次のような名言を残している。

「ありえないことを一つひとつ取り除いていった結果、最後に残ったものが、どんなにありえないと思えることでも、それが真実だ」。

 昨年12月、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキング中のロシアの「ソユーズMS-22」宇宙船から冷却剤が漏れ出す事態が起きた。さらに約2か月後の今年2月には、同じくISSにドッキング中の「プログレスMS-21」補給船も同じように冷却剤が漏れ出す事態に見舞われた。この前代未聞の出来事の連続に、原因調査や対応をめぐって大きな混乱が起きた。

 最終的にロシアは、ともにマイクロメテオロイド(微小隕石)や宇宙ごみ(スペース・デブリ)などが衝突し、穴があいたことが原因とする調査結果を発表。にわかには信じがたいものの、ホームズの言葉にしたがえば、この事件は解決したことになる。しかし、疑念が残るのも事実だ。

マイナビニュースで続きを読む


2023年2月28日・マイナビニュース

ロシア、「ソユーズMS-23」宇宙船の打ち上げに成功 – 故障した宇宙船を代替

 ロシア国営宇宙企業ロスコスモスは2023年2月24日、無人の「ソユーズMS-23」宇宙船の打ち上げに成功した。

 同船は2日後に国際宇宙ステーション(ISS)に到着。昨年末に冷却剤漏れ事故を起こして故障した「ソユーズMS-22」宇宙船の代わりとして、3人の宇宙飛行士の地球帰還に使用される。

マイナビニュースで続きを読む


2023年2月22日・マイナビニュース

準惑星「クワオアー」に環を発見 – 観測を成し遂げた技術と環に秘められた謎

 土星といえば大きな輪っか。そんな輪っかが、太陽系の端を孤独に回る小さな天体にもあることがわかった。それも、ある宇宙望遠鏡の”予想外”の活躍によって。

 欧州宇宙機関(ESA)は2023年2月8日、宇宙望遠鏡「CHEOPS」などの観測によって、太陽系外縁天体「クワオアー」に環があることがわかったと発表した。

 CHEOPSは、太陽系外にある惑星を観測することを目的として開発された宇宙望遠鏡で、それが太陽系内の小さな天体の環の発見にも使えたことは、科学者たちに予想外の喜びをもたらした。

 それと同時に、クワオアーの環は、従来の考えでは存在するはずがなく、なぜ環が存在できるのかという新たな謎も浮かび上がった。

 この研究をまとめた論文は、2月8日付けで『nature』に掲載された

マイナビニュースで続きを読む


2023年2月20日・マイナビニュース

冷却剤漏れの「ソユーズ」宇宙船、”穴”の写真が公開 – 代替船打ち上げは延期

 ロシア国営宇宙企業ロスコスモスは2023年2月14日、昨年末に冷却剤漏れ事故を起こした「ソユーズMS-22」宇宙船の、漏洩部の穴の写真を初めて公開した。

 ロスコスモスは、漏洩はマイクロメテオロイド(微小隕石)の衝突が原因で起きたとの見解を示しており、この穴はそれを裏付けるものだとしている。

 一方で、先日「プログレスMS-21」補給船でも冷却剤漏れが起きたことを受け、ソユーズMS-22を代替するために今月20日に無人で打ち上げ予定だった「ソユーズMS-23」について、打ち上げを延期することも発表された。

 同様の事故が相次いで発生したことで、微小隕石ではなく技術的な問題が原因だったのではという声もあがっており、今後の対応が注目される。

マイナビニュースで続きを読む


2023年2月14日・マイナビニュース

ISSの「プログレスMS-21」補給船から冷却材漏れ、昨年と同様のトラブルか?

 ロシア国営宇宙企業ロスコスモスは2023年2月11日、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキング中の「プログレスMS-21」補給船から、冷却材が漏洩したと発表した。

 同様の事故は昨年12月、有人宇宙船「ソユーズMS-22」でも発生。この事象は微小隕石などの衝突が原因と考えられているが、今回相次いで発生したことで、製造・組み立て時のミス、欠陥による品質不良を疑う声もある。

 ソユーズMS-22の事故では、代わりの宇宙船を無人で打ち上げることが決まるなど大きな影響が出たが、今回の事態により、さらなる影響と混乱をもたらす可能性もある。

マイナビニュースで続きを読む