КОСМОГРАД

鳥嶋真也のWebサイトです


Author Archive

2022年9月9日・軍事研究

月刊『軍事研究』2022年10月号

 月刊『軍事研究』2022年10月号(9月9日発売、ジャパン・ミリタリー・レビュー)に、連載「最新世界の次世代ロケット」の「諸外国編」を書きました。

 連載の最終回として、韓国やオーストラリアなど諸外国の現状、そして北朝鮮やイランなどによる弾道ミサイル開発からの発展、あるいは一環として開発されている衛星打ち上げ用ロケットの現状、そして今後の展望などについて解説しています。

 ぜひお手に取ってご覧いただけますと幸いです。


2022年9月8日・マイナビニュース

有人月探査の試験ミッション「アルテミスI」打ち上げ延期、その理由と今後

 米国航空宇宙局(NASA)は2022年9月4日、有人月探査計画「アルテミス」の第一歩となる「アルテミスI」ミッションの打ち上げを延期すると発表した。ロケットに燃料の液体水素を充填している際に漏れが発生し、解決できなかったためだという。

 打ち上げチームは修理に向けた準備を進めている。新しい打ち上げ日は未定だが、10月まで延期される可能性もある。

マイナビニュースで続きを読む


2022年9月8日・ラジオ出演

9月8日放送、TBSラジオ『アシタノカレッジ』に出演します

 9月8日(木)22:00~23:55放送の、TBSラジオ『アシタノカレッジ』に出演します。

 アルテミス計画について解説します。 どうぞよろしくお願いいたします。


2022年8月24日・その他

東京新聞にコメントが掲載

 東京新聞の8月24日付け朝刊に、打ち上げ後のロケット機体の落下問題についてコメントしました。


2022年8月22日・マイナビニュース

スカパーJSAT、スペースXの巨大ロケット「スターシップ」で衛星打ち上げへ

 日本の衛星通信大手、スカパーJSATは2022年8月18日、通信衛星「スーパーバード9」の打ち上げについて、米宇宙企業スペースXと契約を締結したと発表した。

 打ち上げは2024年の予定で、スペースXが開発中の巨大ロケット「スターシップ」を使うという。スターシップにとって、最初の商業打ち上げ契約のひとつとなった。

 契約額など、詳細は不明。スカパーJSATは「『スーパーバード9』の打ち上げに向け、引き続きスペースXと協力していく」とコメントしている。

マイナビニュースで続きを読む


2022年8月19日・マイナビニュース

韓国初の月探査機「タヌリ」打ち上げ成功、国際有人月探査に向けた一歩に

 韓国初の月探査機「タヌリ」が2022年8月5日、打ち上げに成功し、月へ向かう軌道に入った。

 タヌリは、探査機の運用や科学観測に必要なさまざまな技術実証を実施。さらに、月で水などの資源を探索し、米国航空宇宙局(NASA)など進める有人月探査計画「アルテミス」の実現にとって必要な地形図の作成にも挑む。

マイナビニュースで続きを読む


2022年8月17日・マイナビニュース

宇宙望遠鏡と月着陸機を同時打ち上げ! 三菱重工のH-IIAロケット47号機が公開

 三菱重工は2022年7月29日、同社飛島工場(愛知県飛島村)において、H-IIAロケット47号機のコア機体を報道公開した。機体はこのあと種子島宇宙センターへ運ばれ、組み立て、試験ののち、今年度中に打ち上げられる予定となっている。

 同ロケットには、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のX線分光撮像衛星「XRISM」と小型月着陸実証機「SLIM」の2機を搭載する。片や宇宙を観測する望遠鏡、片や月面に降り立つ月着陸機。目的も軌道もまったく異なる2つの宇宙機を、同時に打ち上げるミッションに挑む。

マイナビニュースで続きを読む


2022年8月10日・マイナビニュース

中国が2年ぶりに「再使用型試験宇宙機」を打ち上げ、小型のスペースシャトルか?

 中国の宇宙機関、中国国家航天局は2022年8月5日、「再使用型試験宇宙機」の打ち上げに成功したと発表した。

 宇宙機は軌道上に一定期間とどまり、軌道上サービスを行ったのち地上に着陸。宇宙機の再使用に関する技術実証を行うとしている。ただ、機体の姿かたち、運用期間などは明らかにされておらず、多くのことが謎に包まれている。

マイナビニュースで続きを読む


2022年8月10日・軍事研究

月刊『軍事研究』2022年9月号

 月刊『軍事研究』2022年9月号(8月10日発売、ジャパン・ミリタリー・レビュー)に、連載「最新世界の次世代ロケット」の「日本編」を書きました。

 H-IIAなどの現行ロケットの概要と直面している課題、開発が進む次世代ロケットのH3やイプシロンS、ベンチャーの超小型ロケットなどの概要や現状、そして今後の展望などについて解説しています。

 ぜひお手に取ってご覧いただけますと幸いです。


2022年8月1日・マイナビニュース

中国の「長征五号B」ロケット機体が大気圏再突入、被害はないもののNASAなど非難

 中国が宇宙ステーションの部品の打ち上げに使った大型ロケット「長征五号B」の残骸が、2022年7月31日の未明(日本時間)、インド洋上空で大気圏に再突入した。

 懸念されていた地上への被害はなかった。

 今後も少なくとも2回、同様の事態が発生する見通しで、米国航空宇宙局(NASA)などは「責任ある宇宙利用と、人々の安全を確保するための行動を取るべき」と非難する声明を出している。

マイナビニュースで続きを読む