КОСМОГРАД

2021年6月23日・マイナビニュース

欧州が2030年代初頭に金星探査機を打ち上げへ NASAと協力し金星の謎に挑む

 欧州宇宙機関(ESA)は2021年6月10日、次期金星探査機「エンヴィジョン(EnVision)」を2030年代初頭に打ち上げると発表した。

 エンヴィジョンは、金星の内核から上層大気までに至る全体像を探査。同時期に打ち上げられる米国航空宇宙局(NASA)の金星探査機とも協力し、「地球の双子星」と呼ばれながら、なぜ金星は地獄のような環境になったのかという謎の解明に挑む。

マイナビニュースで続きを読む

コメントを投稿する