КОСМОГРАД

マイナビニュース

スペイン「PLDスペース」、再使用ロケット実現に一歩前進 ESAと契約締結

2021年6月4日 金曜日

 スペインのロケット・ベンチャー「PLDスペース」は2021年5月27日、開発中の小型・超小型衛星打ち上げ用ロケット「ミウラ5」の第1段機体(ブースター)を再使用する計画について、実現に向けさらなる研究や実証を行うと発表した。

 欧州宇宙機関(ESA)との契約に基づき、ブースターを着陸させるのに必要な大気圏再突入や、超音速での降下に関する研究のほか、最適な着陸、回収方法などの検討を行う。打ち上げは2024年以降を予定している。

マイナビニュースで続きを読む

コメントを投稿する