КОСМОГРАД

マイナビニュース

「ハイパーカミオカンデ」が着工、宇宙の運命と人類の根源的な問いに挑戦

2021年6月3日 木曜日

 東京大学宇宙線研究所などは2021年5月28日、超大型水チェレンコフ観測装置「ハイパーカミオカンデ」を着工したと発表した。

 実験開始は2027年の予定。ニュートリノの質量の発見を成し遂げ、2015年のノーベル物理学賞の受賞につながった「スーパーカミオカンデ」の後継装置にあたり、これまでにないほど高い精密、そして大規模な研究を行うことを可能としている。その性能を活かし、この宇宙や物質すべての理にまつわる謎の解明に挑む。

マイナビニュースで続きを読む

コメントを投稿する