КОСМОГРАД

マイナビニュース

ハッブル宇宙望遠鏡、木星の衛星ガニメデに水蒸気が存在する証拠を発見

2021年8月5日 木曜日

 スウェーデン王立工科大学などの研究チームは2021年7月27日、ハッブル宇宙望遠鏡を使った観測で、木星の衛星「ガニメデ」の大気中に水蒸気が存在する証拠を初めて発見したと発表した。

 この水蒸気は、ガニメデの表面にある氷が固体から気体に変化(昇華)したことで発生したものとみられるという。

 論文は同日付け発行の論文誌『Nature Astronomy』に掲載された。

マイナビニュースで続きを読む

コメントを投稿する