КОСМОГРАД

マイナビニュース

金星探査機「あかつき」の観測から金星の夜間の大気循環を解明 – 東大など

2021年7月27日 火曜日

 東京大学(東大)や立教大学、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの研究グループは2021年7月21日、金星探査機「あかつき」が取得した赤外線画像の解析から、金星の夜間の大気循環のメカニズムについて解明することに成功したと発表した。

 金星が夜の間、雲頂にどのような流れのパターンが生じるのかは、40年来の謎だった。今回の研究で、夜間には昼間とは逆方向の南北風が生じることが判明。スーパーローテーションと呼ばれる高速大気循環のメカニズムや平均的な南北循環の理解が得られたとしている。

 論文は同日付け発行の論文誌『Nature』に掲載された。

マイナビニュースで続きを読む

コメントを投稿する