КОСМОГРАД

マイナビニュース

こんな名前だけど威厳は十分 – スペースXの新しいロケット回収船が就役

2021年7月20日 火曜日

 宇宙企業スペースXを率いるイーロン・マスク氏は2021年7月10日、新しいロケット回収船「ア・ショートフォール・オヴ・グラヴィタス」号を就役させたと発表した。

 打ち上げたロケットを着陸させ、回収するために使う船で、これが3隻目となる。今後、ロケットの打ち上げ頻度が増加するのに合わせて投入されたもので、大西洋を拠点に運用を行い、高頻度のロケット打ち上げに対応する。

マイナビニュースで続きを読む

コメントを投稿する