КОСМОГРАД

マイナビニュース

中国のロケットの残骸、アラビア半島上空で再突入 – 落下の被害報告なし

2021年5月13日 木曜日

 中国の「長征五号B」ロケットの残骸が大気圏に再突入し、地表に落下するおそれが指摘されていた問題で、動向を監視していた米国宇宙軍は2021年5月9日、「11時15分ごろ(日本時間)、アラビア半島上空で大気圏に再突入した」と発表した。

 中国やロシア、欧州の当局も、ほぼ同じ時刻、位置で再突入したと発表している。

 機体の大部分は再突入時の熱で燃え尽きたとみられ、燃え残った破片があったとしても、モルディブの北のインド洋上に落下したとみられる。現時点で、島や船などからの被害は報告されていない。

マイナビニュースで続きを読む

コメントを投稿する