КОСМОГРАД

マイナビニュース

米国と中国の極軌道気象衛星が相次いで軌道上で分解、宇宙ごみが発生

2021年3月24日 水曜日

 米国宇宙軍は2021年3月19日(日本時間)、米海洋大気庁(NOAA)の運用を終えた極軌道気象衛星「NOAA-17」が、軌道上でブレイクアップ(分解)したと発表した。

 これにともない、16個のスペース・デブリ(宇宙ごみ)が発生したが、現時点では他の衛星やデブリと衝突する危険はないとしている。

 また23日には、中国の極軌道気象衛星「雲海一号02」も分解し、21個のデブリが発生したと発表。原因や他の衛星との衝突の危険性などは分析中としている。

マイナビニュースで続きを読む

コメントを投稿する