КОСМОГРАД

マイナビニュース

太陽系に近い恒星「ケンタウルス座α星A」に生命居住可能な惑星が存在か?

2021年2月19日 金曜日

 地球のような太陽系外惑星を探索している「ブレイクスルー・ウォッチ」の研究チームは2021年2月10日、太陽系に最も近い恒星のひとつ「ケンタウルス座α星A」に系外惑星が存在する可能性があると発表した。

 この系外惑星は地球の6~7倍ほどの大きさをもち、また水が液体の状態で存在できる「ハビタブル・ゾーン」内にある可能性もあるという。今後の検証で系外惑星であることが確認されれば、将来の探査目標になるかもしれない。

マイナビニュースで続きを読む

コメントを投稿する