КОСМОГРАД

マイナビニュース

NASAの巨大ロケット「SLS」、エンジン試験で問題発生 – 24年の月着陸に暗雲

2021年1月22日 金曜日

 米国航空宇宙局(NASA)は2021年1月17日(日本時間)、有人月探査計画「アルテミス」で使う巨大ロケット「スペース・ローンチ・システム(SLS)」のエンジン燃焼試験を実施した。

 試験はミシシッピ州にあるNASAジョン・C・ステニス宇宙センターで行われた。燃焼時間は約8分間の予定だったが、約1分でエンジンが停止。今年末に予定されている初飛行や、2024年の有人月着陸の実現に黄色信号が灯った。

マイナビニュースで続きを読む

コメントを投稿する