КОСМОГРАД

マイナビニュース

NASA、国際宇宙ステーションに新しい太陽電池を設置へ – 劣化で発電量低下

2021年1月20日 水曜日

 米国航空宇宙局(NASA)とボーイングは2021年1月12日、国際宇宙ステーション(ISS)に新しい太陽電池アレイを追加すると発表した。

 現在設置されている太陽電池が劣化し、発電量が低下しつつあるためで、今後のISSの運用継続や、研究活動の強化、そして民間移管による商業化を見据え、発電量を強化する。

 今年から補給船で3回に分けて輸送し、船外活動によって設置される計画となっている。

マイナビニュースで続きを読む

コメントを投稿する